【N3文法】〜さえ

導入

《PC:〜さえ》

T:この学生はもう一年も日本語勉強しています。

 でも、ひらがなも書けません。もちろん、かたかなと漢字も書けません。

 ひらがなさえ、書けません。

《板:Nさえ》

 極端な(exterme)例を出して、こんなに簡単なこともしませんから、他のことももちろんしないということ言います。

 

T:この漢字の読み方は何ですか?

 大人はもちろん知っていますが、子供も知っています。

 子供でさえ知っています。

 とても簡単ですから、子供も知っています。他の人ももちろん知っています。

 「人」や「動物」など生きている人が主語のときは「でさえ」になります。

 

作文練習

《PC:〜さえ》

T:先生はこの漢字が分かりますか?

S:この漢字は先生でさえわかりません。

T:奥さんは家事をしますか?

S:妻は洗濯さえしません。

T:この人はアメリカに留学しました。

 アメリカに留学することを人に話しましたか?

S:家族にさえ話しませんでした。

T:「〜に」の時は「〜にさえ」になります。

※「二重助詞」については「みんなの日本語29課二重助詞」を参照。

 

QA

T:S1さんは漢字が読めますか?車の運転ができますか?料理が作れますか?

 (国)では(有名人)は有名ですか?

 

文作成問題

1.もう一年     て(で)いるのに、     さえ     ない。

2.この問題は     でさえ     ない。

3.私の国では、     は子供でさえ     

4.A:Bさんはリンさんのこと知ってる?

  B:いや、     さえ知らないよ。

 

 

(回答例)

1.もう一年英語を勉強しているのに、簡単な会話さえできない。

2.この問題は先生でさえ解けない。

3.私の国では、スマートフォンは子供でさえ持っている。

4.A:Bさんはリンさんのこと知ってる?

  B:いや、名前さえ知らないよ。