【N3文法】〜の(名詞化)

導入

T:「文の普通形+こと/の」は文を名詞に変えます。

 

作文練習

《PC:〜の》

T:「〜の」を使ってください。友達と飲みます。どうですか?

S:友達と飲むのは楽しいです。

S:子供を育てるのはとても大変です。

S:歌を歌うのが好きです。

S:泳ぐのが上手です。

S:窓を閉めるのを忘れました。

S:Aさんが中国語を勉強しているのを知っています。

T:隣のうちから何が聞こえますか?

S:けんかしているのが聞こえます。

T:「見ます」「見えます」「聞こえます」などのPerceptionの言葉は「〜の」しか使えません。

 「けんかしていることが聞こえます」はだめです。

S:お母さんは子供が遊んでいるのを見ています。

T:今、何が欲しいですか?

 時計が欲しいです。

 どんな時計が欲しいですか?

S:高い時計が欲しいです。

T:高いのが欲しいです。

 「〜の」は物の代わりに使うことができます。でも「〜こと」は物じゃありませんから、この使い方はできません。

 

アズマ
アズマ
「〜こと」と「〜の」の違いについては、数が多く、全て一度に説明しても理解してもらうのはかなり難しいので、学生のレベルや質問があった場合などに応じて、どこまで説明するか判断した方がいいと思います。