【N3文法】〜こと(名詞化)

Nのこと

導入

《PC:〜のこと

T:去年おばあちゃんが亡くなりました。

 おばちゃんとの思い出やおばあちゃんと話したことを忘れません。

 「おばあちゃんのことを忘れません」

 「おばあちゃんを忘れません」でもいいですが、おばあちゃんに関係があること、思い出や話したことなどを忘れません。「〜のこと」を使います。

 

作文練習

《PC:〜のこと》

S:Aさんのことが好きです。

T:この人は入院しています。何が心配ですか?

S:お金のことが心配です。

 

〜こと

導入

T:「文の普通形+こと/の」は文を名詞に変えます。

 

作文練習

《PC:〜こと》

T:「〜こと」を使って、文を作ってください。

S:Aさんが結婚することを知っていますか?

S:大学に合格したことを母に伝えます。

T:「伝えます」「話します」など、「言うこと」に関係がある動詞は「〜のを伝えます」は使えません。「〜ことを伝えます」だけです。

T:趣味は何ですか?

S:泳ぐことです。

T:「〜ことです」「〜ことだ」などの文が終わるときも、「〜の」は使えません。「〜こと」だけです。

S:趣味は料理を作ることです。

S:車を運転することができます。

T:「〜ことができます」「〜たことがあります」などの、決まっているパターンも「〜の」は使うことができません。


S:相撲を観たことがあります。

S:富士山に登ったことがあります。

 

アズマ
アズマ
「〜こと」と「〜の」の違いについては、数が多く、全て一度に説明しても理解してもらうのはかなり難しいので、学生のレベルや質問があった場合などに応じて、どこまで説明するか判断した方がいいと思います。