【N3文法】〜わけではない(①特に〜じゃない)

導入

《PC:〜わけではない(特に〜じゃない)》

T:この人は体の調子が悪いです。でも、特に熱がある、じゃありません。

 熱があるわけではありません。

《板:【普通】/【なA】な わけではない》

T:「わけではない」は「特に〜じゃないけど」と説明したいときにも使います。

 

作文練習

《PC:〜わけではない(特に〜じゃない)》

T:「〜わけではありません」を使って、文を作ってください。

 すごい数の本ですね。

S:全部読んだわけではありません。

S:おいしいわけではなりません。

A:毎朝パンを食べますか?

「全然食べない」じゃありません。少しだけ食べます。

B:食べないわけじゃありませんが、たいていご飯を食べます。

「〜ないわけではありません」ははっきり否定したくない時に使います。「全然しません、じゃありません」

T:遊園地に行きたくないの?

S:いきたくないわけじゃない(けど)。

 

文作成問題

1.     わけではないが、あまり英語は得意ではない。

2.     わけではないが、何となく体がだるい。

3.          たくないわけではないが、疲れているので、うちで休みたい。

4.     わけではないが、この値段は高すぎると思う。

 

 

(回答例)

1.話せないわけではないが、あまり英語は得意ではない。

2.     わけではないが、何となく体がだるい。

3.          たくないわけではないが、疲れているので、うちで休みたい。

4.     わけではないが、この値段は高すぎると思う。

 

QA

T:今日、元気ないですね。風邪ですか?

 何か悩みでもあるんですか?

(誘って、断ってもらう)今、忙しいんですか?