【N3文法】〜わけだ

導入

《PC:〜わけだ》

T:この人は将来医者になりたいと思っています。何をしないといけませんか?

 もちろん、大学で勉強しないといけません。

 医者になりたいですから、大学で勉強しているわけです。

《板:【普通】/【なA】な わけだ》

T:「Aですから、Bわけです」で、Aだから、もちろん(当然)Bだという意味です。

 

T:S1さんの目標はなんですか?

S:N1に合格して、日本の会社で働くことです。

T:それで、日本語を勉強しているわけですね。

 このように相手の話を受けて、この文法を使うこともあります。

 

作文練習

《PC:〜わけだ》

T:「〜わけだ」を使って、文を作ってください。

S:車が欲しいですから、貯金しているわけです。

S:中国に3年住んでいましたから、中国語が話せるわけです。

T:太ってしまったんです。

S:それで、運動しているわけですね。

T:咳が止まらないんです。

S:それで、たばこを止めているわけですね。

 

文作成問題

1.将来     になりたいですから、今     わけです。

2.彼女は     で5年働いていましたから、     に詳しいわけです。

3.日本とイギリスの時差は8時間ですから、日本が12時だったら、イギリスは     わけだ。

4.A:私は一人暮らしをもう10年しています。

  B:それで     わけですね。

 

 

(回答例)

1.将来弁護士になりたいですから、今法律の勉強をしているわけです。

2.彼女は薬局で5年働いていましたから、薬に詳しいわけです。

3.日本とイギリスの時差は8時間ですから、日本が12時だったら、イギリスは4時のわけだ。

4.A:私は一人暮らしをもう10年しています。

  B:それでなんでも家事ができるわけですね。