【N3文法】〜がる/〜がらないで

導入

T:S1さん、今暑いですか?

S1:〜。

 

《PC:〜がる》

T:Aさんはどうですか?

S:Aさんは暑いです。

T:Aさんは暑がっています。

 「私」と「あなた」は「暑いです」です。

 でも、第三者(third person)の気持ちや感覚は「〜がる/〜がっています」を使います。

《板:【いAい】/【なA】/【Vたい】 がっている》

 

作文練習

《PC:〜がっています》

S:Aさんは怖がっています。

S:Bさんは痛がっています。

S:Bさんは旅行に行けなくて、残念がっています。

S:Aさんはかばんを欲しがっています。

S:Bさんは結婚したがっています。

S:子供はおもちゃを欲しがっています。

T:子供はおもちゃを欲しがります。

 普通は「〜がっています」ですが、子供は普通、みんなおもちゃが欲しいです。みんなのことを話すときは「〜がります」を使います。

S:大学生は旅行したがります。

T:何と言いますか?

 恥ずかしがらないでください。

S:怖がらないで。

 

T:「寒がり」は「すぐに寒いと思う人」です。

 

QA

T:S1さんは(暑がり・寒がり・寂しがり・怖がり)ですか?

 

文作成問題

1.彼女は     がりなので、人前で話すのが苦手だ。

2.娘は家族旅行が中止になって、     がっている。

3.あの人はいい人ですから、     がらないでください。

4.私の彼女は     をほしがっている。

5.     は一般的に     がる人が多い。

 

 

(回答例)

1.彼女は恥ずかしがりなので、人前で話すのが苦手だ。

2.娘は家族旅行が中止になって、残念がっている。

3.あの人はいい人ですから、怖がらないでください。

4.私の彼女は高級ブランドのバッグをほしがっている。

5.おじいさんとおばあさんは一般的に孫をほしがる人が多い。