【文法4】みんなの日本語初級第37課 非情の受身

●導入

《PC:非情の受身》

T:いつ東京スカイツリーを建てましたか。

S:2012年に東京スカイツリーを建てました。

T:2012年に東京スカイツリーが建てられました。

 「東京スカイツリーを建てました」は人のアクションです。でも「誰が建てましたか?」大切じゃありません。フォーカスは物、「スカイツリー」です。

 「東京スカイツリーが建てられました」

 物について話すとき、受身を使います。

 

●変換練習

T:ホテルでパーティーを開きます。

S:ホテルでパーティーが開かれます。

T:教室で講義を行います、大阪でコンサートを開きます、教会で結婚式を行います、家で葬式を行います、東京でオリンピックを開きます、学校でサッカーの試合を行います、ニューヨークで国際会議を開きます、2020年にオリンピックを開きます、学校で卒業式を行います

 

●作文練習

《PC:非情の受身(が)》

S:今週の金曜日、シェラトンホテルでパーティーが行われます。

S:〜が(受身)

→コーラス

 

《練習B5》

→一人ずつ

 

●導入

《PC:非情の受身(は)》

T:次のオリンピックはどこで開かれますか?

S:パリで開かれます。

T:次のオリンピックはパリで開かれます。

 「次のオリンピック」はトピックです。「次のオリンピック」について話すとき、質問するときは「は」を使います。

 

●作文練習

《PC:非情の受身(は)》

S:日本の漫画は世界中で読まれています。

S:〜は(受身)

→コーラス →一人ずつ

 

●ペアQA

《PC:非情の受身(は)》

T:お葬式はどこで行われますか?

S:神社で行われます。

T:アメリカはいつ発見されましたか?

 電話はいつ発明されましたか? 

 (国)の(生産品)はどこに輸出されていますか? 

日本から(国)にどんなものが輸入されていますか?

 (国)の(建築物)はいつ建てられましたか?

→ペアワーク

 

《PC:練習C3例》

(PCを見せて、どんなことを言うか想像させて発話させる)

→リピート →TがA、SがBで会話 →入れ替える

→ランダムに二人選び、発表させる

→1)、2)も同様に、PCを見せて話すことを想像させながら会話をさせ、あとで間違っているところを修正する

→まずは見本を見せて、言葉を変えてオリジナルの会話をさせる。