【文法1】みんなの日本語初級第37課 受身形

●導入

《PC:直接受身》

T:先生は何をしますか?

S:先生は私をしかります。

T:私は何をしますか?

 私は先生に叱られます。

 私について話したいです。アクションを受ける人について話したいです。「受身形」を使います。

 

●変換練習

《PC:受身形変換》

T:まず、3グループです。

 「質問する」の受身形は何ですか?

S:質問される。

T:招待する、注意する、輸入する、輸出する、翻訳する、発明する、発見する

→コーラス →一人ずつ

 

T:「来る」の受身形は何ですか?

S:来られる。

T:持って来る、連れて来る

→コーラス →一人ずつ

 

T:次は2グループです。

 「食べる」の受身形は何ですか?

S:食べられる。

T:止める、見せる、入れる、見る、逃げる、決める、見つける、褒める

→コーラス →一人ずつ

 

T:次は1グループです。

 「聞く」の受身形は何ですか?

S:聞かれる。

T:聞く、置く、騒ぐ、押す、壊す、汚す、呼ぶ、読む、飲む、頼む、踏む、とる、座る、叱る

→コーラス →一人ずつ

 

T:「使う」の受身形は何ですか?

S:使われる

T:拾う、誘う、行う

→コーラス →一人ずつ

 

(全グループミックスでランダム)

→コーラス →一人ずつ

 

T:受身形の「ます形」を言ってください。「叱る」

S:叱られます。

T:「叱られます」の普通形は何ですか?

受身形は2グループです。叱られる、叱られない、叱られた、叱られなかった、になります。

(全グループミックスでランダムに「ます形」と「普通形」をいくつか練習)

→コーラス →一人ずつ