【N3文法】〜わりには

導入

《PC:〜わりには》

T:この人は半年前に日本に来ました。半年前に日本に来たので、普通はまだ日本語があまり上手じゃないと思います。

 でもこの人はもう日本語がかなり話せます。

 半年前に来たわりには日本語が上手です。

《板:【ふつう】/【N】の/【なA】 わりには》

T:「AわりにはB」で、「Aのことから考えて、普通だと思うレベルじゃない」という意味です。

 「〜にしては」とほとんど同じ意味です。フォーマルな文にはあまり使いません。

 

作文練習

《PC:〜わりには》

T:「〜わりには」を使って、文を作ってください。

S:彼は4年アメリカに留学したわりには、あまり英語が話せません。

S:値段が高いわりには、美味しくないです。

S:彼女は長い間日本に住んでいるわりには、日本語が話せません。

S:彼は初めてのわりには野球が上手です。

 

文作成問題

1.彼は     のわりには仕事が早い。

2.彼女は     と言っているわりには、いつも友達と遊んでいる。

3.彼女は     わりには     見える。

4.Appleの新製品は     わりには、あまり売れなかった。

 

 

(回答例)

1.彼は新入社員のわりには仕事が早い。

2.彼女は時間がないと言っているわりには、いつも友達と遊んでいる。

3.彼女は10代のわりには大人っぽく見える。

4.Appleの新製品はたくさん宣伝をしているわりには、あまり売れなかった。