【文法1−3】みんなの日本語初級第41課 さしあげます/やります

あげる/もらう/くれる:復習

アズマ
アズマ
まずは24課の「くれます」の復習をします。学生が複数人のとき実物で、一人のときはPCで説明します。一人の場合は教師から学生に「あげる」と、学生はいきなり敬語を使わなくてはならなくなるためです。

 

●作文練習

《レアリア:プレゼント》

(S1にプレゼントを渡す)

T:S1さん、S2さんにプレゼントをあげてください。

(S1→S2)

 S3さん、S1さんは何をしましたか?

S3:S2さんにプレゼントをあげました。

T:S2さんは何をしましたか?

S3:S1さんにプレゼントをもらいました。

T:S2さん、S1さんは何をしましたか?

S2:私にプレゼントをくれました。

 

《PC:くれます》

T:Aさんは何をしますか?

S:AさんはBさんにプレゼントをあげます。

S:BさんはAさんにプレゼントをもらいます。

S:私はBさんにプレゼントをあげます。

S:私はAさんにプレゼントをもらいます。

S:Aさんは私にプレゼントをくれます。

 

●ペアQA

《PC:イベント(誕生日・クリスマス・バレンタイン・正月など

T:S1さんは(イベント)に(家族・友達・彼・彼女)に何をあげましたか?/もらいましたか?

→ペアワーク

 

さしあげます

●導入

《PC:さしあげます》

T:私は何をしますか?

S:社長にプレゼントをあげます。

T:社長にプレゼントを差し上げます。

 私が自分より上の人にあげるときは、「差し上げる」を使います。丁寧な言い方です。

 社長、部長、先生などです。家族には使いません。

アズマ
アズマ
教科書の順番は「いただく」→「くださる」→「やる」ですが、一番簡単な「あげる系」の動詞をまず導入します。また、文法ノートの図にはあるのに、単語としては扱われていない「差し上げる」も、難しくはないので、一緒に練習しています。

 

●作文練習

《PC:さしあげます》

S:私は先生に花を差し上げます。

S:私は(目上の人)にNを差し上げます。

S:私は祖父に帽子をあげます。

*家族など「あげます」を使わなければならないものも出して確認する。

T:でも、直接上の人には言いません。例えば、S1さんは社長です。(プレゼントを渡しながら)「社長、お土産を差し上げます」とは言いません。「お土産です。どうぞ」でいいです。

→コーラス →一人ずつ

 

やります

●導入

《PC:やります》

T:私は何をしますか?

S:弟に手袋をあげます。

T:弟にプレゼントをやります。

 自分より下の人にあげるとき、使います。

 自分の弟、妹、子供、それからペットや花にも使います。

 友達の子供には「やります」は使いません。「あげます」です。

 

《PC:あげる系(図)》

T:社長です。

S:社長に差し上げます。

 友達にあげます。

 弟にやります。

 

●作文練習

《PC:やります》

S:私は(目下の人・動物・物)にNをやります

→コーラス →一人ずつ

 

《練習B3》

→一人ずつ

 

●ペアQA

《PC:イベント》

T:S1さんは(イベント)に(家族)何をあげましたか?

 (課長・部長・社長)の誕生日に何をあげましたか?

 S1さんは兄弟がいますか?~さんに何をあげましたか?

S1:~をあげました/さしあげました/やりました

*自分にとっての目上の人じゃなければ、質問で「差し上げる」は使わない。例えば、「S1さんは課長に何をあげましたか」(S1さんの課長を知らない場合)でよい。自分にとっても知っている人で、目上の場合は、質問でも「課長に何を差し上げましたか」になる。

→ペアワーク