【N3文法】〜ように言う/頼む

導入

《PC:〜ように言う/頼む》

T:部長はAさんに何と言いましたか?

S:毎週レポートを出してと言いました。

T:いいです。

 毎週レポートを出すように言いました。

《板:【V辞書】/【Vない】ように、言う/頼む》

 後ろに「言う」「頼む」「お願いする」「命令する」などの言葉を使って、どんなことを言ったか、を言います。

 

作文練習

《PC:〜ように言う/頼む》

T:「〜ように言う」「〜ように頼む」を言ってください。

S:部長は会議に遅刻しないように言いました。

S:先生は早く学校に来るように言いました。

S:先生は辞書を見ないように言いました。

S:先生は毎日うちで勉強するように言いました。

S:お母さんは買い物してくるように頼みました。

S:この人は名前を書くように頼みました。

 

文作成問題

1.忙しかったので、息子に     ように頼みました。

2.私は母にいつも     ように言われています。

3.先生はテストのとき     ように言いました。

4.部長は部下に     ように言いました。

 

 

(回答例)

1.忙しかったので、息子に部屋を掃除するように頼みました。

2.私は母にいつも使ったものを片付けるように言われています。

3.先生はテストのとき話さないように言いました。

4.部長は部下に残業しないように言いました。