【N3文法】〜にしては

導入

《PC:〜にしては》

T:外国人は普通日本語を話せますか?外国人だったら 日本語を話せないのが普通です。そのスタンダードで考えると、彼女は日本語が上手です。

 外国人にしては日本語が上手です。

《板:【ふつう】にしては》

 「普通より〜」という意外な気持ちです。何かを評価するときに使います。

 ただ、言い方に気をつけないと「日本人よりは下手だけど」というような上から評価している感じになりますから、直接言うのは少し失礼になる場合もあります。

 

作文練習

《PC:〜にしては》

T:「〜にしては」を使って文を作ってください。

S:4年アメリカに留学したにしては、英語が下手です。

S:値段が高いにしてはおいしくないです。

S:3年日本に住んでいるにしては、日本語が話せません。

S:初めてにしては、上手です。

 

文作成問題

1.彼は     にしては仕事ができる。

2.彼女は     にしてはしっかりしている。

3.A:私は4年大学で美術を学びました。

  B:     にしては     

4.A:私は今日初めてゴルフをしました。

  B:     にしては     

 

 

(回答例)

1.彼は経験がないにしては仕事ができる。

2.彼女は大学生にしてはしっかりしている。

3.A:私は4年大学で美術を学びました。

  B:大学で美術を学んだにしては絵が下手ですね。

4.A:私は今日初めてゴルフをしました。

  B:初めてにしては上手ですね。