【N3文法】〜んだもん

導入

《PC:〜もん》

T:お母さんが子供に聞きます。「何で勉強しなかったの?」

 子供の答えは何ですか?

S:眠かったから。

T:いいです。

 眠かったんだもん。

《板:【普通】(んだ)もん/【なA・N】(なん)だもん》

T:「眠かったもん」でもいいですが、「〜んだもん」の方がよく使います。理由を言うとき使いますが、「私は悪くない」と言う気持ちがあったり、言い訳をしたいときに使います。特に若い女の人や子供が使うことが多くて、甘えた気持ちがあります。

 

作文練習

《PC:〜もん》

T:S1さんはこの女の子です。「〜んだもん」を使って、質問に答えてください。

 どうして掃除しなかったの?

S:疲れてたんだもん。

T:どうして食べないの?

S:だって野菜嫌いなんだもん。

T:どうしてお金がないの?

S:新しいかばん買っちゃったんだもん。

 

QA

T:どうして遅刻したんですか?

 どうして宿題をしなかったんですか?

 どうして毎日勉強しないんですか?

 どうしてお金がないんですか?

→一人ずつ

 

文作成問題

1.A:何で宿題をしなかったの?

  B:昨日は     もん。

2.A:学校に行きたくないの?

  B:うん。     もん。

3.A:うちの仕事ちゃんと手伝わないとダメでしょ。

  B:だって     もん。

4.A:えっ、彼氏と別れての?

  B:うん。だって     もん。

 

 

(回答例)

1.A:何で宿題をしなかったの?

  B:昨日は疲れてたんだもん。

2.A:学校に行きたくないの?

  B:うん。授業がつまらないんだもん。

3.A:うちの仕事ちゃんと手伝わないとダメでしょ。

  B:だってめんどくさいんだもん。

4.A:えっ、彼氏と別れたの?

  B:うん。だって全然会えないんだもん。