【文法1】みんなの日本語初級第34課 〜とおりに

2021年9月3日

名詞

●導入

《PC:〜とおりに(N)》

T:この人は絵を描きます。自分で描きますか。

 いいえ、絵を見ます。この絵と同じ描き方で描きます。

 この絵の通りに描きます。

《板:【N】のとおりに、【V】》

 同じやり方でします。

 

●作文練習

《PC:〜とおりに(N)》

S:地図のとおりに、行きます。

S:~とおりに、~

→コーラス

 

動詞

●導入

《PC:〜とおりに》

T:どうやって料理を作りますか?

 母に教えてもらいました。同じ作り方で作ります。

 母に教えてもらったとおりに、作ります。

《板:【V1た】とおりに、【V2】》

 

●変換練習

T:「〜たとおりに」言ってください。

 先生が言いました。書きます

S:先生が言ったとおりに書きます

T:テレビで見ました+します、雑誌で見ました+作ります、聞きました+言います

→一人ずつ →コーラス

 

●作文練習

《PC:〜とおりに》

S:先生が言ったとおりに、言います。

S:テレビで見たとおりに、踊ります。

T:「テレビを見たとおりに」はだめです。「〜とおりに」の前は「を」を使えません。「テレビで見たとおりに」です。

→コーラス →一人ずつ

 

●活動

T:今から私がするとおりにしてください。

 (手を上げる、下げる、頭を触る)

 

T:今から私が言うとおりにしてください。

 (右手・左手)を(上げて・下げて)ください。

 (髪・頭・耳・鼻)を触ってください。

 右手で左の耳を触って、左手で頭を触ってください。

 立ってください。左手を上げて、右手でおなかを触ってください。

 座ってください。右手を机の上において、左手をその上においてください。  

 

《練習B1》

→一人ずつ

 

《練習B2》

→一人ずつ

 

《PC:練習C1例》

(PCを見せて、どんなことを言うか想像させて発話させる)

→リピート →TがA、SがBで会話 →入れ替える

→ランダムに二人選び、発表させる

→1)、2)も同様に、PCを見せて話すことを想像させながら会話をさせ、あとで間違っているところを修正する

→まずは見本を見せて、言葉を変えてオリジナルの会話をさせる。