【N3文法】〜つもりでした

導入

《PC:〜つもりだった》

T:日曜日サッカーをしようと思っていました。でも、体の調子が悪くなったので、うちで休みました。

 サッカーをするつもりでしたが、体の調子が悪くなったので、休みました。

《板:【V辞書】【Vない】つもりだった》

T:「つもりでしたが」は、そうする予定があった、そうしたい気持ちがありましたが、結果は違いました。という場合に使います。

 

作文練習

《PC:つもりだった》

T:「〜つもりでした」を使って、文を作ってください。

S:来年、イギリスに留学するつもりでしたが、お金がないので、留学を諦めました。

S:甘いものを食べないつもりでしたが、疲れていたので、ケーキを食べてしまいました。

S:勉強するつもりでしたが、寝てしまいました。

S:買い物しないつもりでしたが、デパートで服を買ってしまいました。

T:この女の人は日本語が上手ですから、私は褒めたいと思いました。

 「外国人なのに日本語が上手ですね」

 でも、この人は怒ってしまいました。

 褒めたつもりでしたが、彼女は怒ってしまいました。

 自分が考えていた目的と違う意味だと思われました。こんなときも「〜つもりだった」を使います。

 

QA

T:プランを変えたことや、思っていたことと違う結果になったことがありますか?

S:〜つもりでしたが、〜。

→一人ずつ

 

文作成問題

1.自分では一生懸命勉強したつもりだったが、     

2.先週末は     つもりでしたが、     ので、     

3.デパートに行っても     つもりでしたが、つい     て(で)しまいました。

4.「     」と彼女を褒めたつもりだったが、彼女は怒ってしまった。

 

 

(回答例)

1.自分では一生懸命勉強したつもりだったが、試験に落ちてしまった。

2.先週末は海に行くでしたが、体調が悪かったので、うちで休みました。

3.デパートに行っても何も買わないつもりでしたが、つい靴を買ってしまいました。

4.「今日の服かわいいね」と彼女を褒めたつもりだったが、彼女は怒ってしまった。