【文法1】みんなの日本語初級第33課 命令形

●導入

《PC:命令形(勉強してください)》

T:この学生は全然勉強しません。

 先生は何と言いますか?

S:話を聞いてください。

 

《PC:命令形(勉強しろ)》

T:この子供は全然勉強しません。

 お父さんは何と言いますか?

 勉強しろ。

 とても強い言い方です。自分より下の人にしか使えません。

 お父さんが子どもに言います。先生が子どもに言います。話すときだけ使います。女の人は普通使いません。

 

●変換練習

《PC:命令形変換》

T:まず3グループです。

 「勉強する」の命令形は何ですか?

S:勉強しろ。

T:掃除する、洗濯する、復習する、予習する、注意する

→コーラス →一人ずつ

 

T:「来る」の命令形は何ですか?

S:来い。

T:持って来る、連れて来る

→コーラス →一人ずつ

 

T:次に、2グループです。

 「食べる」の命令形は何ですか?

S:食べろ。

T:借りる、浴びる、片付ける、決める、続ける、見つける、受ける、逃げる、諦める、投げる、伝える

→コーラス →一人ずつ

 

T:1グループです。

 「買う」の命令形は何ですか?

S:買え。

T:会う、ならう、書く、行く、聞く、働く、貸す、外す、話す、持つ、待つ、呼ぶ、遊ぶ、飲む、読む、休む、守る

→コーラス →一人ずつ

 

(全グループミックスでランダム)

→コーラス →一人ずつ

 

T:命令形を言ってください。早く寝てください。

S:早く寝ろ。

T:毎日勉強してください、毎朝牛乳を飲んでください、早く起きてください、自分で洗濯してください、部屋を掃除してください、たくさん本を読んでください、本棚を片付けてください、レポート書いてください、ここに車を止めてください、火を消してください、お金を返してください、逃げてください、諦めてください、車に注意してください、規則を守ってください

→コーラス →一人ずつ

 

●作文練習

《PC:命令形》

S:寝ろ!

S:うちに来い。

T:友達に使ってもいいですが、「うちに来い」は強いです。

「うちに来いよ」の方がいいです。「よ」があったら、少しソフトになります。

S:逃げろ!

T:丁寧に話す時間がありません。命令形を使います。

S:休め!

S:走れ!

S:頑張れ!

T:このときは女の人も使ってもいいです。

→コーラス →一人ずつ

 

《PC:命令形(自由)》

T:S1さんは(課長・先生)です。この人に何と言いますか?

S1:働け! Etc.

S:(命令形)

→一人ずつ →コーラス

 

《練習B1》

→一人ずつ