【文法1−1】みんなの日本語初級第50課 謙譲語Ⅰ(お/ご〜します)

お~します

●導入

《PC:お〜します》

T:この人は先生です。荷物が重そうです。

 荷物を持ちます。

 でも、この人は先生ですから、もっと丁寧に言わないといけません。敬語を使います。

 何と言いますか?

S:お荷物をお持ちになります。

T:お荷物をお持ちします。

《板:お【Vます】します》

T:荷物を持たれます、荷物をお持ちになります、は尊敬語です。

T:敬語には2つタイプがあります。

 49課では尊敬語を勉強しました。「尊敬語」は自分より偉い人がすることについて話します。

 50課では謙譲語を勉強します。「謙譲語」は自分より偉い人に私がすることについて話します。

T:尊敬語は相手を高くする言葉です。

T:社長が料理をお作りします。社長のアクションに使います。

T:謙譲語は自分を低くする言葉です。

T:先生に料理をお作りします。自分のアクションに使います。

 

T:謙譲語を使うシチュエーションは尊敬語と同じです。自分より偉い人、あまり知らない人、お客さんと話すとき、そして、会議、スピーチなど、フォーマルなシチュエーションで使います。

 

●変換練習

《PC:お/ご〜します(変換)》

T:動詞の1グループと2グループは「お〜します」になります。言ってください。持ちます。

S:お持ちします。

T:手伝います、送ります、貸します、入れます、開けます、閉めます、作ります、書きます、迎えます、教えます、つけます

→コーラス →一人ずつ

 

●作文練習

《PC:お〜します》

S:駅まで車でお送りします。

S:お~します。

→コーラス →一人ずつ 

 

《練習B1》

→一人ずつ

 

《PC:練習C1例》

(PCを見せて、どんなことを言うか想像させて発話させる)

→リピート →TがA、SがBで会話 →入れ替える

→ランダムに二人選び、発表させる

→1)、2)も同様に、PCを見せて話すことを想像させながら会話をさせ、あとで間違っているところを修正する

→まずは見本を見せて、言葉を変えてオリジナルの会話をさせる。

 

ご〜します

●導入

《PC:ご〜します》

T:このガイドの人はお客さんに何と言いますか?

S:ご説明します。

T:3グループは「ご〜します」です。

 動詞の1、2グループは「お~します」ですが、3グループの動詞は「ご~します」です。

 でも、「電話します」「約束します」は3グループは例外(exception)で、「お電話します」「お約束します」です。

 

●変換練習

T:「ご〜します」言ってください。紹介します。

S:ご紹介します。

T:案内します、説明します、連絡します、招待します、相談します、用意します、電話します、約束します

→コーラス →一人ずつ

 

●作文練習

《PC:ご〜します》

S:ご紹介します。

S:お電話します。

→コーラス →一人ずつ

 

《練習B2》

→一人ずつ

 

●ペアQA

《PC:お〜しましょうか》

T:S1さん、この人はS2さんです。S2さんは偉い人です。何と言いますか?

S1:荷物をお持ちしましょうか?

S2:ありがとうございます。お願いします。

S1:お/ご〜しましょうか?

S:ありがとうございます。お願いします。

→ペアワーク

 

《練習B3》

→ペアワーク

 

《PC:練習C2例》

(PCを見せて、どんなことを言うか想像させて発話させる)

→リピート →TがA、SがBで会話 →入れ替える

→ランダムに二人選び、発表させる

→1)、2)も同様に、PCを見せて話すことを想像させながら会話をさせ、あとで間違っているところを修正する

→まずは見本を見せて、言葉を変えてオリジナルの会話をさせる。