【文法2−3】みんなの日本語初級第48課 使役文(許可)

●導入

T:S1さん、もし、自分の子供が外国人と結婚したいと言ったら、どうしますか?結婚してもいいですか?だめですか?

S1:結婚してもいいです。

 

《PC:使役形(許可)》

T:S1さんは子供を結婚させます。

 これは命令ですか?違います。許可です。

 使役形は二つ使い方があります。

 命令と許可です。

 

●作文練習

《PC:使役形(許可)》

T:料理を作りたいです。

S1:子供に料理を作らせます。

S:社員を休ませます。

S:娘をアメリカに留学させます。

S:娘を大学に入らせます。

S:社員を会議に出席させます。

S:娘を塾に通わせます。

S:社員を東京に転勤させます。

→一人ずつ →コーラス

 

《練習B4》

→一人ずつ

 

●作文練習

《PC:使役文(放任)》

T:今、お母さんは子どもに何をさせていますか?

S:子どもを遊ばせています。

T:「自由にどうぞ」です。この時も使役形を使います。

 お母さんは子供を自由に遊ばせています。

→コーラス

 

T:お母さんは子供に自由にゲームをさせています。

→ペアワーク

 

●ペアQA

T:S1さん、もし子どもが日本に留学したいと言ったらどうしますか?

S1:留学させます。

T:S2さん、もし子どもが小学校を辞めたいと言ったらどうしますか?

S2:辞めさせません。(許可しないという意味)

T:子供が(塾に通いたい・大学に入りたい・スポーツをしたくない・一人で海外旅行に行きたい)と言ったら、どうしますか?

 社員が(辞めたい・転勤したい)と言ったら、どうしますか?

→ペアワーク

 

《PC:練習C2例》

(PCを見せて、どんなことを言うか想像させて発話させる)

→リピート →TがA、SがBで会話 →入れ替える

→ランダムに二人選び、発表させる

→1)、2)も同様に、PCを見せて話すことを想像させながら会話をさせ、あとで間違っているところを修正する

→まずは見本を見せて、言葉を変えてオリジナルの会話をさせる。