【文法1】みんなの日本語初級第32課 ~ほうがいいです

●導入

《PC:〜ほうがいいです》

T:この人は風邪を引きました。熱もあります。

 でも、学校に行きます。と言いました。

 「学校に行きます」と「休みます」どちらがいいと思いますか?

 休みます。の方がいいです。

 休んだ方がいいです。

《板:【Vた】ほうがいいです》

 強いアドバイスです。「私のアイディアの方がいい」と言いたいときに使います。

 

《PC:〜ほうがいいです》

T:どうですか。明日は試験ですが、勉強しません。

S:勉強したほうがいいです。

T:そうです。

T:これはどうですか?ゲームをしません。ほうがいいです。

 ゲームをしないほうがいいです。

《板:【Vない】ほうがいいです》

 

T:アドバイスをするとき、他にどんな言い方がありますか?「〜たらいいです」もあります。

 「休んだほうがいいです」と「休んだらいいです」は少し違います。

 

T:「〜たほうがいいです」は強いアドバイスです。

 私のアイディアの方がいいです。

 「しなかったら、よくないことがあります」「〜ほうがいいです」をよく使います。

 

T:「〜たらいいです」は「AよりBのアイディアの方がいいです」じゃありません。アイディアはいろいろあります。その中で、「これがいいです」

 「したら、いいことがあります」「〜たらいいです」をよく使います。

 

《PC:〜たほうがいいです/〜たらいいです》

T:「〜たほうがいいです」ですか?「〜たらいいです」ですか?言ってください。

T:旅行に行こうと思っていますが、どこがいいですか?

S:沖縄に行ったらいいですよ。

T:冬に沖縄に旅行に行こうと思っています。

S:北海道に行ったほうがいいですよ。

T:馬に乗りたいです。

S:北海道に行ったらいいですよ。

T:財布を失くしてしまいました。

S:交番に行ったほうがいいですよ。

 

●変換練習

T:「~たほうがいいです」言ってください。休む。

S:休んだほうがいいです。

T:休みません。

S:休まないほうがいいです。

T:食べる、飲む、働く、行く、買う、勉強する、確認する、予習する、復習する、急ぐ、運動する

 野菜を食べる、水を飲む、会社で働く、お寺に行く、あの本を買う、毎日復習する、時々運動する

 食べません、休みません、使いません、止めません、無理をしません、

 お金を使いません、お風呂に入りません、仕事を辞めません、毎日残業しません、セーターを洗濯しません、会議に遅れません

→コーラス →一人ずつ

 

●作文練習

《PC:〜ほうがいいです》

T:この人にアドバイスをしてください。

S:寝たほうがいいですよ。

S:~ほうがいいですよ。

→一人ずつ →コーラス

 

《練習B1》

→一人ずつ

 

《練習B2》

→ペアワーク

 

《PC:練習C1例》

(PCを見せて、どんなことを言うか想像させて発話させる)

→リピート →TがA、SがBで会話 →入れ替える

→ランダムに二人選び、発表させる

→1)、2)も同様に、PCを見せて話すことを想像させながら会話をさせ、あとで間違っているところを修正する

→まずは見本を見せて、言葉を変えてオリジナルの会話をさせる。