【文法1】みんなの日本語初級第35課 条件形

2021年9月16日

条件形

●導入

《PC:【V】ば、〜》

T:私はパンダを見たいです。

 どうしますか?どこで見られますか?

S:上野動物園で見られます。

T:そうですね。上野動物園に行きます。パンダが見られます。

 上野動物園に行けば、パンダが見られます。

 

《PC:条件形変換》

「条件」の意味は、conditionです。パンダが見られます。そのときに要ることです。何をしなければなりませんか?お金を払います。動物園に行きます。これが条件です。

 

●変換練習

《PC:条件形変換》

T:今日は条件形を勉強します。

 条件形のルールは一つだけです。

 「u」を「eば」に変えます。

 

T:まず、3グループです。

「勉強する」の条件形は何ですか?

S:勉強すれば。

T:結婚する、買い物する、食事する、散歩する、研究する、留学する、出席する、参加する、休憩する、質問する、運動する、成功する、失敗する

→コーラス →一人ずつ

 

T:「来る」の条件形は何ですか?

S:来れば。

T:来る、持って来る、連れて来る

→コーラス →一人ずつ

 

T:次は2グループです。

 「食べる」の条件形は何ですか?

S:食べれば。

T:あげる、借りる、降りる、浴びる、教える、かける、つける、開ける、閉める、止める、見せる、始める、入れる、出る、辞める、疲れる、見る、迎える、乗り換える、あきらめる、逃げる、つける、晴れる

→コーラス →一人ずつ

 

T:食べられる。

S:食べられれば。

T:可能形も条件形にできます。

 飲める、行ける、できる、買える

→コーラス →一人ずつ

 

T:次は1グループです。

 「書く」の条件形は何ですか?

S:書けば。

T:会う、買う、使う、もらう、吸う、拾う、行く、聞く、置く、咲く、磨く、吹く、泳ぐ、急ぐ、騒ぐ、貸す、話す、出す、押す、冷やす、待つ、持つ、立つ、呼ぶ、遊ぶ、読む、飲む、休む、住む、送る、なる、取る、終わる、降る、座る、作る、売る、乗る、入る、困る、守る、直る、戻る

→コーラス →一人ずつ

 

(全グループミックスでランダム)

→コーラス →一人ずつ

 

T:試験に合格する。

S:試験に合格すれば。

T:日本に留学する、先生に質問する、野菜を食べる、窓を開ける、お金を借りる、ゆっくり寝る、電車を降りる、日本語の辞書を買う、漢字を習う、日本へ行く、銀行で働く、海で泳ぐ、チャンスを待つ、週末休む、規則を守る、学校が終わる、葉の色が変わる

T:勉強しない。
S:勉強しなければ。

T:条件形のNegativeは全部「~なければ」になります。 

 

T:留学しない、寝ない、飲まない、晴れない、毎日運動しない、授業に出席しない、野菜を食べない、エアコンをつけない、宿題をしない、たばこを止めない、規則を守らない、先生に質問しない

→コーラス →一人ずつ

 

●結合練習

T:ビザがあります+日本に住めます

S:ビザがあれば日本に住めます。

T:試験に合格します+大学に入れます、春になります+桜が咲きます、薬を飲みます+病気が治ります眼鏡を掛けます+よく見えます、毎日勉強します+日本語が上手になります、夜になります+星が見えます、秋になります+葉の色が変わります、先生に質問しません+わかりません、薬を飲みません+病気が治りません、勉強しません+合格できません、晴れません+富士山が見えません

→コーラス →一人ずつ

 

「〜ば」の使い方のルール

●導入

T:「上野動物園に行けば、パンダを見ます」はだめです。

 条件形の使い方はルールがあります。前がアクションのとき、後ろに意志の言葉は使えません。

《板:✕【action verb】ば、【意志】》

アズマ
アズマ
条件形の使い方のルールを説明するのに必要なため、ここで意志動詞、無意志動詞の区別をしっかり導入します。

 

動作動詞

●導入

《PC:意志・無意志》

T:Action verbは日本語で動作動詞といいます。

 「食べます」「飲みます」「作ります」「勉強します」は動作動詞です。

T:「行きます」はアクションですか?

S:はい、そうです。

T:「います」「書きます」「わかります」「踊ります」「できます」は?

(動作動詞かどうかをいくつかの動詞で確認)

 

意志動詞と無意志動詞

●導入

《PC:意志・無意志》

T:次は「意志」について説明します。

 動詞は意志動詞と無意志動詞の2つのグループがあります。「意志」の意味はwillです。

 

T:意志動詞は自分の意志がある。します、しませんを自分でコントロールできる動詞です。

 例えば、食べます、勉強します、歩きます、ドアを開けます、などです。

 今晩勉強しますか?しませんか?自分で決めることができますね。

 これは意志動詞です。

T:無意志動詞は自分の意志がない、します、しませんを自分でコントロールできない動詞です。

 例えば、雨が降ります、ドアが開きます、テーブルがあります、などです。それからできますなどの可能形も無意志です。

 

●練習問題

《PC:意志・無意志》

T:「行きます」は意志ですか?無意志ですか?

S:意志です。

T:「雨が降ります」は意志ですか?無意志ですか?

S:無意志です。

(いくつかの動詞について確認)

 

T:他にも、「〜たいです」「〜ませんか」「〜ましょう」「〜てください」「〜てもいいですか」「〜なければなりません」は意志です。

(ランダムに例を挙げて、意志、無意志の区別をさせる)

 

(意志)

日本語を勉強します、道を歩きます、公園を走ります、海に行きましょう、旅行をしたいです、お酒を飲みませんか?

ゲームをしましょう、漢字を教えてください

 

(無意志)

雨が降ります、晴れます、ドアが閉まります、電気が消えます、英語がわかります、ビザが要ります、上手になります、見えます、聞こえます、見られます

 

●練習問題

T:「東京に行けば、パンダを見ます」

この文はいいですか?だめですか?

S:だめです。

T:どうしてですか?

(一文ずついいかどうかと理由を確認)

*「彼女が行けば、私も海に行きます」…前の文と後ろの文のsubjectが同じじゃありません。このときは、前がアクション、後ろが意志でも大丈夫です。